自分のために言えるようになりましょう「避妊して」と

避妊後の違和感を感じたら市販薬に頼るより病院へ

Standard

性行為と妊娠を望むかどうかということは、現代において全く別のこととなりました。
本来的に言えば性行為は子どもを成すための行為ですが、愛する人同士のコミュニケーションのひとつとして存在するようになっているのです。
そのため避妊というテーマは男女共に重要なものになりましたが、避妊後に違和感を感じるというような人も少なくありません。
そしてここで重要になるのが「避妊後の違和感を感じた時は市販薬に頼るよりも病院へ行くべきだ」ということです。
ではどうしてこのように言えるのかというと、そもそも避妊に成功し、体調不良も無いのであれば違和感は感じないはずだからです。
例えば普段よりも生理が遅れている、妙に吐き気がするというような場合、それは単なる体調不良として処理してはならない徴候であるケースもあります。
現在の日本国内ではコンドームの着用による避妊が最も主流になっていますが、このコンドームによる避妊は100%成功を保証されたものではありません。
古くなっていない新品のものを正確に着用すれば99.9%の確率で避妊できるものであるとはいえ、限りなくゼロに近いながらも失敗するリスクはあります。
そして中にはコンドームの着用法が正しくない、例えば膣にコンドームを付けずに挿入し、その後射精しそうになってから改めて付けるというような人もいます。
カウパー氏腺液が分泌される際に精液が流れ出ることもありますから、このことについては事前理解が必要です。
そうした「避妊の失敗」があるのに市販の医薬品で現状を誤魔化そうとすると、結局望んでいない子どもを出産することになったり、大きな体調不良の原因になるなどがあり得るのです。
性行為はそもそも子どもが出来るものだということを理解し、性行為後に違和感を感じた場合は市販の医薬品では無く、婦人科などを受診するように心がけてください。

Font Size
Decrease Size Default Size Increase Size
Select Skin
Select Underlay Background
Select Overlay Background
Scheme Switcher Toggle