自分のために言えるようになりましょう「避妊して」と

避妊や月経不順が改善される仕組み

Standard

経口避妊薬と呼ばれるピルは、女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが主成分として配合されています。最近ではホルモン量が少なく身体への栄養が少ない低用量ピルが一般的に使われるようになっています。
低用量ピルは、避妊目的や月経不順などの月経関係のトラブル改善目的で処方されます。
低用量ピルによる避妊の仕組みは、配合されている女性ホルモンが影響しています。服用することにより女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンの血中濃度が上昇するため、身体が十分に卵巣から女性ホルモンが分泌されていると感知し視床下部へと抑制をかけます。その結果、視床下部から下垂体を刺激する物質の分泌を抑制し、下垂体からの黄体化ホルモンや卵胞刺激ホルモンの分泌が抑制され、排卵が抑制される仕組みです。さらに、子宮内膜が着床に適さない環境にすることができるため受精卵着床の抑制や頚管粘膜の性状を変化させる仕組みにより精子が子宮内に入りにくく、受精しても着床しにくい環境になっています。
また、低用量ピルを正しく服用することにより月経不順などの月経に関するトラブルを少なくすることができます。低用量ピルを正しく服用すれば、28日周期で生理が来るようになります。低用量ピルの薬の飲み方次第では、生理をコントロールすることも可能なため、旅行などのイベントの予定を立てやすくなるメリットがあります。月経不順の改善以外にも、子宮内膜の増殖が抑えられることにより月経血量が減少したり、月経痛の軽減などのメリットもあります。低用量ピルに含まれる女性ホルモンの影響により、ホルモンバランスが安定するため月経前のイライラなどの月経前症候群の軽減にもつながります。

Font Size
Decrease Size Default Size Increase Size
Select Skin
Select Underlay Background
Select Overlay Background
Scheme Switcher Toggle