自分のための避妊

自分のために言えるようになりましょう「避妊して」と

避妊のための薬で痩せることができる?

ピルとは経口避妊薬のことで、卵巣から卵子が出てくる排卵をホルモンの作用を用いることによって抑制する働きのある薬の事です。コンドームを上回る確率で避妊のための薬として使用されていますが、実は避妊以外にも多くの効果があると言われています。
その中でも女性にとって特に嬉しいのは痩せやすいという効果ではないでしょうか。ピルを服用することによって、生理前の症状が軽くなることが分かっています。ですので、生理前は異常なほど食欲がある方や、ストレスから暴飲暴食に走ってしまう人などは、避妊薬を服用することによって痩せることが可能です。本来ピルは避妊のためというよりもむしろ、PMS(月経前症候群)の症状を緩和することを目的として作られているので、その効果によって痩せることができるのです。
しかし逆にピルの副作用によって太ったと感じてしまう人がいることも事実です。ピルを飲み始めると、一時的ではありますが副作用として食欲の増加やむくみが見られることがあります。特に薬に含まれる卵胞ホルモンが多いほどこの副作用は強くなると言われています。そのため「ピルを飲む=太る」というイメージが広く定着してしまっているのです。しかしこれらの副作用はあくまでも一時的なものであり、避妊薬服用後初めの生理がくるとこれらの症状はなくなることがほとんどです。また実際に避妊薬には体重増加の作用を持ち合わせていないことも明らかにされています。なので短期的な使用の場合はダイエット効果はあまり見られないかもしれません。が、長期的な使用を考えている方の場合、避妊薬を服用することによって痩せることができるというのは、ほぼ確実であると言えそうです。