自分のための避妊

自分のために言えるようになりましょう「避妊して」と

避妊には性行為痛に注意して、緊急避妊薬の使用が可能

望まない妊娠を回避するためには、緊急避妊薬であるアフターピルが効果があります。
アフターピルは2回に分けての服用となり、妊娠する可能性が高くなる性行為を行ってから72時間以内に1回、2回目の服用は12時間後に行います。
時間内に緊急避妊薬のアフターピルを服用することで、避妊できる確率は76%から89%というデータがあります。
ホルモン投与が早ければそれだけ高い効果を得られることになりますので、避妊の確率を引き上げるためには性行為をしてから24時間以内に服用する必要があります。
緊急避妊薬のアフターピルは産婦人科などの病院を受診することで、処方してもらうことが可能です。
日本国内においては、ノルレボ錠とプラノバール錠の2種類のアフターピルを手に入れることができます。
プラノバール錠は中用量ピルとなっており、生理不順などの場合に用いられる緊急避妊ピルとして使用されることが一般的です。
2011年にはノルレボ錠が避妊薬として承認を受けて以来、アフターピルとして使用されています。
ピルを服用することによって、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を減らすことができます。
エストロゲンには膣の粘液を出す役割がありますので、エストロゲンの分泌量が減少することによって潤いが保てなくなって、性行為痛を引き起こすことがあります。
筒の粘液には雑菌の感染を防ぐなどの自浄作用もあるために、エストロゲンの減少によって膣の粘液が減ると炎症を発症しやすくなります。
炎症が起きることで膣やその周囲が腫れてしまうことがあり、それによって性行為痛が起きやすくなると言えます。
性行為痛がひどいときには医師に相談して、ピルの服用を行うか決める必要があります。
産婦人科系の病気を持っている人の場合には、手術を行っても性行為痛が起きることがありますので注意してピルの服用を行うことが大切です。