自分のための避妊

自分のために言えるようになりましょう「避妊して」と

海外で最も多く使われるピル

私たち人間は子孫繁栄を使命としています。
今の人たちが子孫繁栄することで未来の人類に将来を渡すという役割があるのです。
事実、私たちは過去の人類から未来を渡されてきたのです。
この子孫繁栄をする際には異性同士の性行為が必要になります。
本来、性行為はこのために行なうというのが筋ですが、個人や家庭の事情によって子供を必要としない場合や性欲を満たすだけの時は女性が妊娠しないように施します。
これが避妊です。
避妊にはいくつかの種類があります。
男性器に装着する避妊具、女性器の中に挿入する避妊具、薬を服用する避妊具などです。
この中でも服用する避妊具として有名なのがピルです。
ピルは人工的に女性の排卵を停止させる効果があります。
また、精子の子宮内の侵入を防ぐ効果や受精卵の着床を防ぐ効果もあります。
これらの効果が評価されて、ピルは海外で避妊の主流になっているのです。
その海外で最も多く使われるピルは日本でも使われていますが、コンドームに比べると利用者は少数になっています。
しかし、コンドームよりかは高い避妊効果があり、生理痛を軽くしたり、生理の量を少なくする効果もあるのです。
このピルをほとんど利用しない日本の状況は海外に比べると特殊と言われています。